2月のベジlabo北海道

2月は春の準備を始める月のような気がします。私もイベントが多い月なので、少しそわそわ。(笑)

今日は、美味しい食材で作ったお料理をご紹介する「ベジlabo北海道」を更新します!

北海道で野菜ソムリエWebライターとして活動していると、美味しい食材との出会いが沢山あります。

北海道江別に住む母から聞いた料理も、道外の皆様にとっては新鮮かもしれないな、と思うようになりました。

たまに道産食材ではないけど、「美味しくできたよ~」という理由で紹介するお料理もありますが(^-^;ご覧いただけると嬉しいです

「にしんの塩煮」はこの時期、北海道では旬のにしんのお魚料理。主人の母に作り方を教わって、家でも作るようになりました。塩と生姜で煮るシンプルな調理法に、この日は歯ごたえの良い北海道産姫竹の水煮を加えて。

白子のなんとも言えないとろっとした食感。やわらか~くほぐれるにしんの身。

にしんのうろこが多いことや、食べるときに骨を除ける作業さえも愛おしくなります。

続いてはイタリア料理のラザニアです。新婚当初にベターホームで習って以来、親族をお家に招いて振舞ったこともある得意?料理です。

ミートソースとホワイトソースを作って、ナポリ名物のパスタ「ラザニア」を重ねていきます。ラザニアは熱々の料理ですし、ミートソースで使うトマト缶は、夏から冬への贈り物だと思っているので(笑)、我が家では冬に作ることが多いですね。

さつまいもとりんごの煮物。レーズンも入っています。加熱したりんご独特の香りと酸味、さつまいもの甘さ、相性抜群の組み合わせです。形があまりよくないりんごや小さなさつまいもがあれば作れるので、ちょっとしたデザートいいですよね。りんごは青森県産、さつまいもは、札幌さとらんどの体験農場で作った小さなさつまいもです。

「にんじんとキンカンの塩糀サラダ」。北海道産のにんじん。キンカンは毎月楽しみにしている「まつの幸せ野菜BOX」で贈って頂いたものです♪キンカンは皮ごと食べられてビタミンCをまるごと摂取できますし、生でも煮ても美味しいので、お料理で大活躍する柑橘ですよね。

ドレッシングに和えたのは、独特の香りと甘みを出してくれるスパイス、クミンシード!オイルはアマニ油です。

お料理のヒントは、西18丁目のイタリアン「セミーナ」で頂いた、にんじんとキンカンのサラダが美味しかったので作ってみました。

味付けの塩糀は、鵡川町「小坂農園」さんが自社工場で作られている塩糀を使用しました。こちらの塩糀、お料理がまろやかな塩加減になって、ほかにも豚肉に漬けたりと、とても重宝しています~。

小坂農園さんの米糀にも使われている真っ白なお米「ゆきさやか」、お米そのものも、とても美味しいんです!綺麗でふんわり甘くて美味しいお米。

小坂さんのお米は、マルヤマクラス「円山精米所」や大丸札幌「千野米穀所」で販売されています。機会がありましたら、ぜひ食べてみてくださいね!

福陽の「ベジlabo北海道」・・・毎月コーナー名が変わったりしないように気を付けながら(笑)、またご紹介しますね~!

[template id=”3710″]

 福島陽子

札幌円山在住の野菜ソムリエ。日本野菜ソムリエ協会札幌支社公認ベジフルライター。まつのベジフルジャーナル北海道サポーター。円山を街ブラして見つけたお店や季節の最新情報、ステキな道産食材を使った私の手料理をブログで紹介しています!ベターホーム料理教室受講歴8年。小樽市出身。

連載サイトのご紹介
■まつのベジフルサポータージャーナル
■日本野菜ソムリエ協会札幌支社公式ブログ
■リビング札幌Web byオントナ 円山地域特派員

 

「江別パンとおいしい仲間たち」円山クラスで明日開催

円山公園駅直結のショッピング複合施設「マルヤマクラス」、通称マルクラ。

私もよく利用する場所で明日17日、「江別パンとおいしい仲間たち」という素敵なイベントが開催されるそうです!江別市内の人気パンと地元特産品が大集合!

コッペパンにお好みの具を挟んでくれる楽しいパン屋さん「ほっぺぱん」。催事ではどのような組み合わせのコッペパンが並ぶのでしょうか。

「ベーカリー麦の穂」にも以前、江別パン食べ歩きの取材で伺わせて頂いたことがあり、また行きたいと思っていたのです!ほかにも素敵なパン屋さんが出店されるので、新たな江別パンとの出会いにも期待したいな。

江別の素敵な農家さん「アンビシャスファーム」、「ふたりのマルシェ」、「はるちゃんのケチャップ」など、美味しいものも出店予定とのこと。

写真は昨年9月に「ふたりのマルシェ」で購入した野菜です(^^)

ちょうど江別小麦はるゆたかのパンをベターホームで習ったばかりなので、江別小麦を使ったパンにも注目したいですね。⇒「ベターホームの天然酵母と道産小麦の食パン」

明日17日は、マルヤマクラスで江別のパンと特産品を楽しみませんか。

マルヤマクラス
札幌市中央区南1条西27丁目1-1

 福島陽子

札幌円山在住の野菜ソムリエ。日本野菜ソムリエ協会札幌支社公認ベジフルライター。まつのベジフルジャーナル北海道サポーター。円山を街ブラして見つけたお店や季節の最新情報、ステキな道産食材を使った私の手料理をブログで紹介しています!ベターホーム料理教室受講歴8年。小樽市出身。

連載サイトのご紹介
■まつのベジフルサポータージャーナル
■日本野菜ソムリエ協会札幌支社公式ブログ
■リビング札幌Web byオントナ 円山地域特派員

[template id=”3710″]

穏やかなお天気続くさっぽろ雪まつり2018

今年もさっぽろ雪まつりが開催中です!

西10丁目会場の大雪像は「手塚治虫 生誕90周年記念 オールスターズ」。鉄腕アトム、かわいらしさの中にある逞しさがしっかり表現されていました。どん兵衛ブースで鴨だしそばを頂いて、冷えた 体もポカポカ。

西6丁目会場のJファームブースにも伺いました。北海道産高糖度トマト「red jewel sapporo プレミアム」を購入!「野菜ソムリエサミット2017」で金賞を受賞したトマトです。とても甘くて美味しいので、ぜひブースに立ち寄って下さいね。

各会場の強みを生かした大雪像、味のある市民雪像もとても楽しめました!

西12丁目市民の広場にある清宮幸太郎選手の小雪像、かなり似てましたよ~。清宮君が若いから?つや肌していました。(笑)

1日の温度差があるから、雪像も溶けたり凍ったりしているのかもしれませんね。

さっぽろ雪まつり2018
大通公園 1~12丁目

 福島陽子

札幌円山在住の野菜ソムリエ。日本野菜ソムリエ協会札幌支社公認ベジフルライター。まつのベジフルジャーナル北海道サポーター。円山を街ブラして見つけたお店や季節の最新情報、ステキな道産食材を使った私の手料理をブログで紹介しています!ベターホーム料理教室受講歴8年。小樽市出身。

連載サイトのご紹介
■まつのベジフルサポータージャーナル
■日本野菜ソムリエ協会札幌支社公式ブログ
■リビング札幌Web byオントナ 円山地域特派員

[template id=”3710″]

北海道の寒締め縮みほうれん草食べ比べ

今週はマイナス気温が普通の札幌。寒くて完全にインドア派の私、家での仕事を優先してしまっています・・・。

「寒締め縮みほうれん草」を食べ比べしました!名寄市かんだファーム「星空雪見法蓮草」と余市町Farm Sumiyoshi「寒ちぢみほうれん草」です。

これらのほうれん草は、宮の森のこだわりスーパー「フーズバラエティすぎはら」さんで購入しました!

 

寒さに耐えて糖度を上げたほうれん草たち。サッと(あくまでサッと)茹でて、シンプんにお浸しから、ミルク煮、ナムルなどにして楽しみました。写真はナムル。ゆずが香る水菜と根菜の味噌汁と一緒に頂きました。

名寄の星空雪見法蓮草、葉がふっくらで大きく、見た目もイキイキ!えぐみなどはなく、色々なお料理に合うと感じました。

余市の寒ちぢみほうれん草は、やわらかく、甘みのある優しい味。また食べたいです(^^)

旬野菜の食べ比べ、家族と色々な感想を言いながら、楽しんでいます♪

 福島陽子

札幌円山在住の野菜ソムリエ。日本野菜ソムリエ協会札幌支社公認ベジフルライター。まつのベジフルジャーナル北海道サポーター。円山を街ブラして見つけたお店や季節の最新情報、ステキな道産食材を使った私の手料理をブログで紹介しています!ベターホーム料理教室受講歴8年。小樽市出身。

連載サイトのご紹介
まつのベジフルサポータージャーナル

日本野菜ソムリエ協会札幌支社公式ブログ

リビング札幌Web byオントナ 円山地域特派員[template id=”3710″]

 

まつのフルーツBOXで食べ比べ楽しむ

昨年から、まつのベジフルサポーターとして活動させて頂いています。株式会社まつのは東京の青果流通会社で、主に外食産業に青果物を流通させる大企業です。

まつのベジフルサポーターは、北は北海道、南は沖縄まで。全国各地の野菜ソムリエが、野菜とフルーツの旬な情報をお届けするために活動しています。

昨年1月にサポーターへのお誘いを頂き、砂川市タラの芽栽培の取材から活動を始めました。前向きに農業を頑張る生産者さん、そして家族に助けられながら、なんとか1年続けることが出来ました。

野菜ソムリエとしての達成感、喜びを与えてくれた「まつの」。関係者の皆様には本当に感謝しています。ありがとうございます。

そんなステキなまつのから、毎月フルーツと野菜を交互にお届け頂いてる「まつの幸せボックス」が今月も届きました。美味しい野菜とフルーツを頂くと家族も喜んでくれます。

今月は大好きな柑橘類も豊富で、おうちで食べ比べを楽しんでいます。

ポンカン しっかりとした果肉が特徴で、その食感のファンも多いのではないでしょうか。果皮が手で簡単に剥けるのもいいですね。

きんかん「いりき」 皮ごと食べられてビタミンCが丸ごと頂けるきんかん。樹上完熟させ、糖度16度以上のものが「いりき」ブランドとして出荷されるとのこと。

いちご「とちおとめ」 ジューシーで甘みも程よい酸味。一粒一粒味わいながら頂きます。

サンふじ 「ふじ」を栽培期間中、果実に袋をかけずに育てたもの。甘味と酸味のバランスがとれたとっても美味しいりんごでした。

毎回フルーツの内容が違いますので、詳しく知りたい皆様は「まつのベジタブルガーデン」をご覧くださいね。
http://www.matsunovege.com/smp/

 福島陽子

札幌円山在住の野菜ソムリエ。日本野菜ソムリエ協会札幌支社公認ベジフルライター。まつのベジフルジャーナル北海道サポーター。円山を街ブラして見つけたお店や季節の最新情報、ステキな道産食材を使った私の手料理をブログで紹介しています!ベターホーム料理教室受講歴8年。小樽市出身。

連載サイトのご紹介
まつのベジフルサポータージャーナル

日本野菜ソムリエ協会札幌支社公式ブログ

リビング札幌Web byオントナ 円山地域特派員

[template id=”3710″]

沖縄 島野菜と島コーヒーのレポート更新

天気予報の週間最低気温-8度を見て、身構えている福陽です。

今年の私の目標の1つに北海道再発見というのがあります。今年が北海道と命名されて150年!北海道民が、北海道の魅力を再発見&発信する責務があると感じています。

・・・しかし!今日も野菜ソムリエ協会 札幌支社ブログに書いた「沖縄」食の体験レポート2件のご紹介です!(笑)

野菜ソムリエプロによる島野菜たっぷりの朝食

もともと沖縄が大好きな私。野菜ソムリエの資格を取得してからは、旅先で島野菜やフルーツを勉強しながら楽しんでいます。

沖縄野菜は、「ニガナ」や「長命草」など、栄養素も豊富でパワフル。その多くの伝統野菜が方言で呼ばれ、伝統を大切にする沖縄の心にも魅力を感じています。

そんな素敵な沖縄の島野菜をたっぷり使った、野菜ソムリエプロの朝食を頂きました。沖縄第一ホテル「琉球料理 あしゃぎ」では、沖縄の食材を使った約50品目もの美味しい朝食が頂けます。

一つ一つのお料理がていねいに作られており、島野菜の味をゆっくり味わうことができるコースです。

続きはぜひ、札幌支社ブログをご覧ください。

http://vf.way-nifty.com/sapporo/2018/01/post-8769.html

沖縄県産コーヒー豆の収穫・焙煎を初体験!

最近、沖縄では県産コーヒー豆の収穫・焙煎体験が、観光のひとつとして注目されているとのこと。私もコーヒー豆は、実からどのように作られているのか以前から興味がありました。

今回、沖縄の野菜ソムリエ仲間にコーヒー農園さんをご紹介頂き、コーヒー豆の収穫、焙煎を体験させて頂きました。

コーヒーの栽培に適した赤土の酸性の土壌である沖縄県北部、山原(やんばる)にある「又吉コーヒー園」。コーヒー豆を栽培から収穫、自家焙煎、販売まで行っているコーヒー農家さんです。

コーヒー豆の収穫、焙煎など初めて尽くしの体験でした。ぜひご覧くださいね!

http://vf.way-nifty.com/sapporo/2018/01/post-ba43.html

どちらの取材先も発見の連続で、フレッシュな沖縄旅でした。ふるさと北海道のことも新鮮な気持ちで見つめなおしたいです~。

 福島陽子

札幌円山在住の野菜ソムリエ。日本野菜ソムリエ協会札幌支社公認ベジフルライター。まつのベジフルジャーナル北海道サポーター。円山を街ブラして見つけたお店や季節の最新情報、ステキな道産食材を使った私の手料理をブログで紹介しています!ベターホーム料理教室受講歴8年。小樽市出身。

連載サイトのご紹介
まつのベジフルサポータージャーナル

日本野菜ソムリエ協会札幌支社公式ブログ

リビング札幌Web byオントナ 円山地域特派員

[template id=”3710″]

北海道の有機ほしいも まつのジャーナル更新

おとつい、沖縄旅から戻りました。あちらは少しですが桜が咲いていました!戻ってみると・・・北海道の寒さは、やっぱり凄すぎますね(^-^;

沖縄では珈琲豆収穫・焙煎体験、あぐー島豚しゃぶしゃぶ、琉球野菜料理の朝食・・・など、ワクワクするような体験をさせて頂きました。

もちろん北海道も、超美味しい食べ物、ステキなスポットがいっぱいで大好きですよ~!今日は、まつのベジフルジャーナル更新のお知らせです。毎月、北海道の旬の野菜やフルーツの情報を届けさせて頂いています。

大塚ファームは、18haの畑で22品目の有機野菜を栽培されている農家さん。安心、安全な農作物を生産し、さらに収穫した農作物での6次産業化にも取り組むことで、労働者の通年雇用にも成功しています。

大塚ファームが栽培する多くの安全な有機野菜のなかで、今回スポットを当てるのは、有機さつまいもを使って自社工場で作られた「有機ほしいも」です。

やわらかくて美味しい大塚さんの有機ほし甘いもシリーズの大ファンの私。有機JAS認証の加工品として自社工場でほしいもを製造していることにも興味を抱きました。

収穫風景は前編・加工については後編の構成です。安心・安全で美味しい北海道の有機ほしいも、チェックして頂けると嬉しいです。

[template id=”3710″]

おせち野菜のくわいにチャレンジ!

年明けはスピード感を持って行動する!そう思っていたら今年ももう9日目なんですね。

お正月を振り返ってみると、まだ紹介していなかった野菜おせちがありました!

「くわい」という和野菜です。こちらは広島県産。

くわいを初めて調理して味わってみました。

くわいの皮むき、芽を折らないように慎重に行いました。

勢いよく芽が出ていることから、子孫繁栄の象徴として縁起のいい食材。おせち料理によく用いられますね。

煮しめにして頂きました。ほんの少し苦みがあるのかと思いきや、すぐに独特の甘みとホクホク感がやってきます。なんとも味わいのある野菜でした。

慎重に剥いた割には、くわいが埋まっているのがくやまれます、、。こういうとこですよね私。

さといものように他の野菜と一緒に煮たのですが、芽の部分が折れやすかったです。初めての方は他の野菜とは別に煮るのがおすすめです。

くわいは、宮の森のフーズバラエティすぎはらさんで購入致しました。

季節ものなので、また食べるのは来年のお正月かもしれません。

バタバタしてご紹介遅くなりましたが、皆さまも来年はぜひ、召し上がってみて下さいね。

もう1つ、おせちのアレンジ料理をご紹介します!

1月2日はアレンジ雑煮を楽しみました。おせちの食材をお雑煮に使って賑やかに頂きます。

主人には特別に顔のない海老をトッピング。冷凍小松菜は色彩的に緑色が減るお正月料理にも重宝しました。

[template id=”3710″]

 

 

七草がゆの朝食で健康祈る

昨日から大雪で北海道らしい天気なので、この3連休はゆっくり家で過ごそうと思います。

万病予防と邪気払いを祈って、今朝は七草がゆを頂きました。

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな(かぶ)、すずしろ(だいこん)。

年末年始のごちそうで疲れた胃も喜んでいるようでした。ご馳走様でした。

[template id=”3710″]

 

手作りおせちと抱負で始める2018年

元旦と2日に両家に持参するおせち、やっとお重に詰め終わりました!

ほとんどのおせちは昨日までに仕上げたので、今日おおみそかの献立は煮しめを作るだけだったのに~。野菜の下処理から仕上げ、そして全てのおせちをテーブルに並べ、2タイプの重箱(2段重と3段重)に詰めるレイアウトが意外と大変で、結局夜までかかってしまいました・・・

こんなにやりたいことをやらせてもらえる生活、本当にありがたい限りです。

今年は、まつのやすぎはらなどプロの八百屋さん、そして取材先の農家さんや作家さんなど沢山の素晴らしい皆様と出会い、とても充実した1年。それと同時に、プロたちの仕事ぶりに圧倒された自分もいました。

私もさらにもう一歩、前へ進むために、来年の目標をたてました。

2018年の目標
・野菜と北海道を楽しむ「ベジLabo北海道」(仮)タグ開始
・今の活動を続けながら、パートさん位のお給料を稼ぐ
・若返り大作戦(エイジングケア、運動、服装)
・朝サン(ドイッチ)、ヨーグルト復活研究、

タグの開始は、まずインスタグラムから。自分発信だった野菜の活動を、沢山の皆様と共有できるようにしていきます。

このように野菜の勉強とWebライティングは続けながら、社会の一員としても認められるようになりたいです。

来年の抱負とおせち料理、宝箱に詰め終わり、忙しかったおおみそかのご馳走は、昨日にすぎはらさんで購入した青森県産のスチューベン、札幌豆もち、パエリア。どれも美味しかったです♪

今年お世話になった皆様、大変お世話になりました。
来年もよろしくお願い致します。

[template id=”3710″]