手のばしナンでハーブソーセージのカスレ風

インド料理のイメージがあるナンですが、「手のばしナン」はふっくらもちもちで厚みもあり、アレンジしやすい商品です♪

一枚一枚ていねいに手でのばし、高温のオーブンで一気に焼き上げたデルソーレ「手のばしナン」。今回はこのナンを使って、フランス南西部の郷土料理「カスレ」をイメージした「ハーブソーセージのカスレ風ナン」をご紹介しますね。

「ハーブソーセージのカスレ風ナン」

材料(4人分)

・デルソーレの手のばしナン 4枚 ・玉ねぎ 1/2玉 ・にんにく 1/2片  ・オリーブオイル 大さじ1 ・A(トマト缶 1缶、白ワイン 大さじ2、固形スープの素 1個、塩 小さじ1/8、こしょう少々)・白いんげん豆(水煮)150g ・ハーブソーセージ 大 4本 ・パセリ 少々

作り方

①たまねぎ、にんにくはみじん切りにする ②鍋にオリーブオイルを温めてにんにくを炒め、香りが出たら玉ねぎを炒める ③Aと白いんげん豆を加え、ふたをして約15分煮る(白いんげん豆の水煮には塩分が含まれているものもありますので、塩は味をみてから加えて下さいね) ④トースターで温めたナンに茹でたハーブソーセージをのせる ⑤④に③をかけ、パセリを振りかけて出来上がり

ぷりっとしたハーブソーセージの食感、やや酸味のあるトマトソースのさわやかさが魅力です。お豆と野菜のトマトソースなので、さっぱりと美味しく頂けますよ(^^)

次回は「ブランナン」を使って、イタリア料理の「カポナータ」をアレンジした「カポナータ風ナン」をご紹介します♪

【「おうちでカフェ風♪デルソーレ「手のばしナン」&「ブランナン」の アレンジレシピ」レシピモニター参加中】です。

ナンのカフェ風アレンジ料理レシピ
ナンのカフェ風アレンジ料理レシピ

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。ランキングに参加していますので、応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

北海道札幌市 ブログランキングへ

円山の古民家を使った新しいクレープリー

最近の円山さんぽで気になっていたお店、早速行ってきました。

「クレープリー月」は、フランスの家庭料理を気軽に味わえるお店です。

ちなみに「クレープリー」とは、「ガレット」というそば粉を使ったクレープと「シードル」というリンゴのお酒をベースメニューにしたカフェのことだそうです。

先週のある日、店前で建物を眺めていたら、店員さんが出て来て下さり、チラシを下さったので、いつか来たいと思っていました。

グリーンを基調とした個室があったり、かわいい店内は吹き抜けになっていて、ステンドグラスから綺麗な光が差し込んでいましたよ。

2階にもお席があり、お子様連れの素敵なご夫婦も利用していて、お店全体がかっこよくておしゃれな雰囲気でした。

スポンサーリンク

ランチメニューは、本日のガレットとスープを中心としたランチセットが2種類。アラカルトも注文できます(^^)

私は本日のデミスープとサラダ、本日のガレットがついたBセット。こちらのBにシュガーバターのクレープもついたAセットを主人が頼みました。ちなみに本日のスープは、カブのポタージュでした♪素敵ですよね(^^)

スポンサーリンク

もちっとしっとりしたガレットにのっているのは、ムール貝と海老のクリーム煮。シーフードなのであっさりしていると思ったら、クリーミーで濃厚な味わいでした。

Aセットのデザートのシュガーバタークレープは、2人でシェアして頂きました(^^)やわらかいクレープにシュガーバターの相性抜群で、自分まで包まれたようなとろけるお味でした。

雰囲気のある古民家を利用した、ちょっと贅沢な週末を過ごすのにぴったりなクレープリー月で、皆様もぜひ素敵な時間をお過ごしくださいね。

クレープリー 月

札幌市中央区南4条西20丁目1-43
 

スポンサーリンク

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。ランキングに参加していますので、応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

北海道札幌市 ブログランキングへ

 

 

 

スズランの日は春野菜のジュレ寄せで

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか。遠出されているかた、お仕事のかたも、きっといらっしゃいますよね。

早速ですが、明日5月1日は何の日かご存知ですか?

初めて知ったのですが、すずらんの日だそうです。フランスでは、愛する人やお世話になっている人にスズランを贈る習慣があり、もらった人には幸運が訪れると言われます。

清楚で香りのよいスズランが好きなので、リビングに飾って楽しんでいます。

スポンサーリンク

この風習はフランス生まれということで、久しぶりにフレンチ「春野菜のジュレ寄せ」と「野菜数種のサラダ」を作ってみました。

こちらは、札幌の西11丁目駅周辺にあったフレンチ「モントルグイユ」の村上シェフのお料理教室で習ったレシピを参考にさせて頂きました。

スポンサーリンク

モントルグイユは東川町に移転して「ビストロ ヴレ」になったそうです。機会があれば、ぜひ行ってみたいです(^^)

今回は、アスパラガス、そら豆とサーモン、にんじん、ディルを入れました。ジュレを固める時間はかかりますが、出来上がりの美味しさをイメージすると頑張れちゃいますね。

サラダは、ビーツ、きゅうり、キャロットラペ、セロリ、フルーツトマト。サラダのドレッシングは野菜によって違いますので、一つ一つ味付けしていきます。きゅうりやセロリのサラダには生クリームを使ったり、ビーツは赤ワインビネガーが入っていますよ。

色々な食材を揃えたり、完成までに少々時間がかかるので、普段はなかなか挑戦できませんが(^-^;

シェフに習ったレシピでお料理、また頑張って作ったらご紹介しますね♪

スポンサーリンク

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。ランキングに参加していますので、応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

北海道札幌市 ブログランキングへ

札幌で一番大好きなケーキ屋さん「プティショコラ」

北海道は雪どけが進んで、着実に春が近づいてきています。畑でも、そろそろ除雪を始めたという農家さんの情報がちらほら。農作物やお花が活き活きとする季節、はやく来てほしいですね。

3月14日のホワイトデーは、サプライズ。主人から、札幌で1番好きなケーキ屋さん「petit chocolat」(プティ ショコラ)の「サンバ」のお返しを頂きました。クリスマスケーキもプティ ショコラのものを頂いています(^^)

こちらこそ大変お世話になっているのに、なんだかすみません。美しいチョコレートは、幸せの味。濃厚です。近年、男子の女子力が上がっていますね。

ぜひ、プティショコラで、お好きなケーキを召し上がって下さい♡

Pâtisserie Petit Chocolat(パティスリー プティ ショコラ)

札幌市中央区大通り西14丁目3-17 デラファーストビル1F

http://petitchocolat.jp/

 

そうそう!チカホにオープンしたばかりの複合施設「シタッテサッポロ」に立ち寄りましたよ。


札幌「丸美珈琲店」さんのコーヒーとソフトクリームを頂きました♡

豆本来の味を引き出した美味しいコーヒーを気軽に楽しめます♩よい香りに癒されました。

ちなみにシタッテは、座って(SIT)+出逢って(ATTE)を合わせた造語だそう。

このビルのシンボル『ステップガーデン』に多くの人達が集い、
ワクワクしたって、ドキドキしたって、デートしたっていいじゃない。
という自由なイメージと、北海道弁「したって」「したっけ」の親しみある響きを組み合わせたそうですよ。

このステップガーデン、階段のようなスペースなので、最初「座っていいのかな?」と思いましたが、座っていると小鳥が羽を休めるような感覚(^^)気軽に利用することができますよ。

話題の飲食店もたくさん入っているシタッテ、いつかランチでも利用してみたいです♪

ところで、日本野菜ソムリエ協会札幌支社のブログを更新致しました。

私、ワインの木のオーナーになりました!

http://vf.way-nifty.com/sapporo/2017/03/post-44b2.html

日本一のワイナリーを目指す余市の「オチガビワイナリー」が実施するオーナー制度。一口1万円の会費で、オチガビワイナリーで醸造したワインを1年に1本、9年間プレゼントしてもらえる特典です。

市でのワイン作りに興味を持ち、この制度に参加しました。

先日、プレゼントワインを頂きに、余市へ行きました。

日本野菜ソムリエ協会札幌支社のブログでは、ワイナリー内の素敵なフレンチについて書かせて頂きました。

ぜひ、ご覧下さい。

北海道とフランスのご当地料理を楽しむ

先日、雪まつりが無事終わりました~。期間中は主人がずっと不在で、私もしっかりごはんを作れなかったりちょっぴり反省(^-^;

体調を崩しがちだったので、今週は作りたかった料理をしっかり食べようと思いながら過ごしました。

今回は各国?のご当地料理、2つまとめてご紹介しますね。

 

まずは、「白いんげん豆と手作りソーセージのカスレ」!フランス南西部の家庭料理です。白いんげん豆、ヨーロッパのお料理で出会う機会が多いですね。豆の栽培がさかんな北海道なので、色んな豆で作れるカスレは今後も作っていきたいです。

ソーセージは手づくり。ひき肉は粗挽きと細挽きの半々で作ったら、プリッと歯ごたえがよかったです。上にまぶしたパン粉は、オリーブオイルを混ぜてサクサクに。ベターホームのお料理教室で習った料理をアレンジしました♪

続いて、北海道のご当地めしをイメージして作ったホッキごはん。ホッキは苫小牧が水揚げ量No.1。ホッキめしやホッキカレーが有名ですよ~。ホッキの出汁で炊き込むごはん、とても美味しいんです。野菜はごぼうとにんじん、長ねぎが入っています。

おにぎりにして食べたら、これまた絶品♪

ホッキが手に入りましたら、ぜひ作ってみて下さいね。

 

小樽の絶品イタリアン「ぴあっと」

私は地元が小樽なので、おススメのお寿司屋さんをたまに聞かれますが、

小樽は洋食の美味しいお店も多いんですよ♪

 

そして最近、お気に入りの洋食屋さんがまた増えました!

 

地元の食材を使用したイタリアン「オステリア・イル・ぴあっと・ヌォーボ」。

f4ce1d34-3eed-4203-8ba6-f4ce6d6ebba0

こちらで野菜ソムリエの先輩のおすすめ、

「しりべしコトリアード」を頂くことができました。

 

コトリアードは、ブルターニュ地方の郷土料理。

旨味たっぷりの濃厚なスープに、野菜や魚介も美味しくて大満足。

 

前菜やデザート、きのこと鶏肉のクリームパスタも全て美味しかったです。

 

店内は2階席もあるようで、平日でもたくさんのお客さんで賑わっていましたよ。

 

「その日に仕入れた最高の食材でおもてなし」してくれるレストラン、

ぜひ、味わってみて下さいね。

 

オステリア・イル・ぴあっと・ヌォーボ

北海道小樽市東雲町2-3

http://piatto-otaru.com/

裏参道のアットホームな「パリの食堂」

リラックスして食事を楽しめるフレンチを見つけちゃいました!

最近、小樽や江別に出かけることが多くて、札幌円山以外のグルメが多かったのですが、

今日は福陽ブログのテーマらしく(^^)

円山裏参道を見渡せるアットホームなフレンチのお店です♪

img_7522

裏参道の十字街。ご近所なので、普段から気になっていて、

3階にあるそのお店を見上げていました。

ル ファルは、フランス語で「灯台」という意味で、

「いつまでも灯りを照らし続けたい」と命名されたそうです。img_7533

小さなお店ですが窓が大きくて開放感がありました。

夜景と裏参道が見渡せ、ムードもあって、ちょっと優越感?笑

img_7545

おまかせ前菜盛り合わせ。食べてみたかった料理が全てワンプレートにのってました。

これは嬉しい(^^♪

「(さんまとキッシュ)合うね!」キッシュ大好きな主人もご満悦なさんまのキッシュ。

しゃきしゃき人参のオレンジマリネは、色味もいいし、美味しいし、

生のニンジンと柑橘系は栄養面でも相性が良いです。最高ですね(^^)

img_7532

メインは、今日はガツンとお肉が食べたくて!

十勝牛のステーキ、ボリュームありました。柔らかかったですよ♪

img_7523

私は濃厚なマンゴージュース、主人は鳥のラベルがユニークでかわいい

ハワイのサーファー発ビールを飲みました。

img_7543

リラックスしてすっかりいい気分。

デザートに超濃厚ガトーショコラとコーヒーも頂きました。

ほぼチョコレートなまさに超濃厚なガトーショコラでした(^^)

 

最近忙しくて時間がなかった主人。担当していたイベントが無事終了したので、

久しぶりに打ち上げのような気持ちで楽しめました。

私のほうがゆっくり語りすぎてしまったけど、とても楽しかったです。

また行きたいな~と思いました☆

 

ル ファル

札幌市中央区南2条西25丁目1-1 クラスAビル3F

函館の重要文化財フレンチ&カフェ

風が涼しくなって、もう秋の気配!毎年が食欲の秋、9月生まれの福陽です☆

今日はそんな秋のゆったりとしたひとときにおススメの、蔵造りの建物を再利用したおしゃれなカフェをご紹介しますね!

先月、マイペースに函館元町ぶらり散策しました。いよいよ、お待ちかねの美味しいランチ!ステキな時間を満喫したくて「タチカワ カフェ レストラン メゾン」へ!

2年前、冬の夜に訪れたときに食べた栗のアイスと、コーヒー、すっごく美味しかったの。

img_20141213_163558

その時に利用したソファ席で撮影した写真。重厚な重要文化財、太刀川一族の気品あるキリッとした佇まいが印象に残りました。最近、フレンチも食べられると知り、また行けるのを楽しみにしていました(^^)♪

img_6709

国の重要文化財として指定された蔵造りの建物。前回訪れたのが冬の寒い夜だったので、落ち着いた大人の雰囲気でしたが、夏はオープンテラスで店内も明るい!

img_6703

ランチコースを注文し、大好きなブラッドオレンジジュースを飲んで幸せ気分~!お酒弱いので、こういうの癒しです。

img_6706

旬の野菜とスーパーフードも使った前菜サラダ、美味しかったなぁ。

img_6708

タチカワカフェの料理はフレンチです♪仔牛の網焼きステーキ、すごいボリューム!網焼き野菜たちも美味しくて、思わず笑顔(^^)近隣の野菜を使っているそうです。

パンも付くので、ランチの利用はぜひお腹を空かせて行ってみてね。

ジビエもあって、鹿の網焼きステーキもすごく気になりました・・・次回は家族と食べに行きたいな。

ランチコースの他、美味しそうなケーキとタルト、パンの販売、もちろんカフェとしても利用できます♪

次回はタルトを食べてみたい!函館に行く際は、ぜひ行ってみて下さいね♪

TACHIKAWA CAFÉ RESTAURANT MAISON

函館市弁天町15-15

 

小樽の人から愛されるレストラン 

小樽生まれ、小樽育ちの私。今住んでいる円山はステキすぎる街で大好きですが、両親と両祖母が住む小樽はいつもほっとできるふるさとです。

母と、天狗山の麓のレストラン ラ・サリータへ行きました。

1998年から営業の、私の祖母が住む小樽市最上町にある洋食屋さん!10代の頃、よく祖母と家族と、友人と行った思い出のお店です。

オープン日に祖母に連れて行ってもらったので、お店のマダムは私たちが最初のお客様だと言ってくださいます。オーラがあっていつまでもお若いマダム。憧れの女性の一人です。

この日、祖母は急な来客があり、一緒に来られなかったのが残念。次回は祖母を連れて行きます!

IMG_5885

涼しげな山ぶどうの蔓が茂るテラスを眺めながら。店内は落ち着いていて、雰囲気にぴったりなステキな絵画が飾られています。

IMG_5895

ランチメニューから。シーフードカレー、家族全員が頼む人気メニューです。マイルドで美味しい。からくないのでお子様も楽しめます。

IMG_5923

とろふわオムライス。ちょっと大人の味で、デミソースがちょっと変わっていて美味しいです。なんというか、ラ・サリータ味。美味しいから食べてみてください♪

ポークソテー、パスタも美味しいです。前回、母が食べたタンシチューも美味しいそうです!

オープン当時から変わらない美味しさ。おしゃれで家庭的で、雰囲気がすごくいいお店です。ランチはご家族で、ディナーはカップルで、ぜひ♪

ラ・サリータ

小樽市最上1丁目13-3

クロスホテル レストランのリニューアルパーティー

札幌はすごい雨です。北海道は梅雨がないはずなのですが、蒸してるのに寒い~。

IMG_5166

クロスホテルのレストラン“アッシュ”リニューアルのオープニングイベント「cross_met.STATION」に出席しました。女性限定の華やかなパーティー。

ノースウェーブとAIR-G’のプッシュアーティスト、黒沢薫さんと森大輔さんによるライブがありました。

大ファンのゴスペラーズ黒沢薫さん。ソロナンバーが心に響きました。たくさんトークして下さり楽しかったです。久しぶりに黒沢さんのウクレレを聴けました♥

森大輔さんも透き通った歌声でステキなステージでした。黒沢さんとのコラボも気持ちよさそうでした。(^^)

IMG_5146

アッシュの美味しい料理も堪能させて頂きました。写真はないのですが(^-^;黒沢さんがつくったスマイルポークのスパイシーなオリジナルメニュー、甘くてやわらかいスマイルポークにスパイスが効いて満足感があり、一番美味しかったです。もっと食べたいと思っていたら!

7月1日(金)からクロスホテルのクロスカフェとミートラウンジのランチメニューに登場します!

当別町浅野農場のスマイルポークとファットリア・ビオ北海道のカチョカヴァロという贅沢な食材に黒沢さんお得意のスパイスを効かせたメニューです。

IMG_5194

クロスホテルのパンフレットに、東京で黒沢さんとアッシュの菅原栄崇料理長が試作している記事が♪

菅原料理長は野菜ソムリエでもあり、前職の旭川では野菜ソムリエコミュニティにも参加し多彩な活動をサポートされていたそうです。

IMG_5191

アッシュの壁にはコラボしている北海道食材のおしゃれなパネルがライトアップ。

IMG_5187

お土産は、ホッカイドウスノウジュエルのミニトマト&トマト栽培キット。ステキなお土産に、女性たち大喜びでした。

IMG_5188

「北海道の食と地域文化がクロスする、クリエイティブなコミュニティ・ダイニング」

厳選された北海道食材とコラボしたフレンチ・イタリアンをたまには気軽に楽しもう、というクロスホテル独自の提案がかっこよくステキでした。また食事したいです(^^)

 

CROSS HOTEL SAPPORO クロスホテル札幌

札幌市中央区北2条西2丁目23番地