小樽に光り輝くステンドグラスの美術館


先日、地元の北海道小樽をぷらぷら散策しました。

img_9317

寒い日でしたが、冬の小樽も雰囲気があっていいですよね。

img_9319

そんな小樽運河に今年の夏オープンした

光り輝くステンドグラスの作品たちに出会える「ニトリ小樽芸術村」に行きました。

img_9327

こちらは、小樽運河の歴史的建造物を利用したニトリの美術館。

19世紀末からイギリスの教会を彩ったステンドグラスやアール・ヌーヴォーを代表する

作家の作品が一堂に集められています。

img_9325

今年、「ステンドグラス美術館」と「アール・ヌーヴォーグラス館」が開館し、

来年春には旧三井銀行小樽支店に「日本近代絵画美術館」がオープン予定だそうです。

 

img_9320

イギリスの教会などに飾られていたステンドグラスたちは、美しくて荘厳。

特別な空間になっていました。

img_9321

聖書を紐解くような壮大な作品、

原色を使った鮮やかな作品の数々、見応えがありました。

img_9322

植物のモチーフの中には、蜂が隠れていました^_^

美しい作品たちは、

ヨーロッパの歴史を学ぶ上でも貴重な作品となっているそうです!

 

館内では音声ガイドを無料で借りることができ、

解説を聴きながら作品を楽しめたのもよかったです。

 

「光り輝く、美が集う」ニトリ小樽芸術村、

ぜひ小樽に足を運び、ご覧になってくださいね。

 

ニトリ小樽芸術村(アール・ヌーヴォーグラス館/ステンドグラス美術館)

北海道小樽市色内1丁目2-17

http://www.nitorihd.co.jp/otaru-art-base/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です