自分のペースで作る冷凍おせち

今日は札幌駅へ食材の買い出しに行きました。もう年末年始の雰囲気ですね。

年末年始といえば、おせち料理!

 

そんな私は、12月中旬から

自分のペースで出来る冷凍おせちをゆっくり作っています。

昨日は伊達巻き、今日は栗きんとんを作って保存しました。

おせち料理を大みそか1日で作るのは、とても大変。

この方法は落ち着いてゆっくり作れるので好きです。

 

伊達巻は、銅製卵焼き器で底面を焼いた後、

そのままグリルに入れて、表面に焼き色を付けます。

他にも黒豆、田作りなどが完成♪

だんだん品数が揃ってきたので、お重に詰めるのが楽しみです(^^)

 

そして、日本野菜ソムリエ協会公認ベジフルライターブログも更新しました!

今回は、スキレットやストウブなどの鋳物・ホーロー鍋で作った

レパートリーが広がる料理をいくつかご紹介しています。ぜひご覧くださいね。

http://vf.way-nifty.com/sapporo/2016/12/post-9d7a.html

 

ちなみに、クリスマス料理とおせち料理を並行して作っていたときの記事はコチラです(^^)

https://goo.gl/fcF6e5

このローストビーフ、美味しくできてよかった~~。

赤がテーマのクリスマスメニュー

Merry Christmas🎄

昨日は「赤」をクリスマス料理のテーマに、

ビーツを使った「ボルシチ」を作りました!

 

ビーツには、色々な栄養素が豊富に含まれていて、

「食べる輸血」、「奇跡の野菜」とも言われている野菜です。

 

他にも、にんじんやじゃがいも、たまねぎ、そしてキャベツも入って、

野菜たっぷり。牛肉も美味しかったですよ。

チコリとミニキャロットのサラダは、ディップして美味しい。

サーモンとたまねぎ、きゅうり、パセリを

クリームチーズで和えてます。

ミニキャロットは、フーズバラエティすぎはらで見つけて、

サラダに添えたらかわいいな~と思い買いました♪

年末年始用に作ったローストビーフも少し切って、

冬にぴったりの明るい食卓になりました♪

すぎはらのお肉屋さんで購入した牛もも肉、いい赤色に仕上がり、

満足です~!

 

デザートはクリスマス前から楽しみにしていた

「プティショコラ」のケーキを頂きました。

こちらは料理オリンピック大会のパティシエ部門金賞に輝いたことのある

まさに「別格」のお店です。

スポンジとホワイトクリームの「ミニヨン」というケーキが毎年定番だったのですが、

今年はちょっぴり大人のケーキ。

 

まろやかなムースとリキュールに漬けたチェリーがアクセントになって、

とても幸せな気分。大人の贅沢なケーキでした♪

 

さあ、我が家はクリスマス気分が少し落ち着いたので、次はおせち料理!楽しく作ります♪

 

フーズバラエティすぎはら

札幌市中央区宮の森1条9丁目3-13

http://www.f-sugihara.com/

プティショコラ

札幌市中央区大通り西14丁目3-17 デラファーストビル1F

http://petitchocolat.jp/

 

クリスマスとお正月がいっぺんに来るキッチン

大雪で道が大渋滞し、車での移動が難しい札幌です。

そうそう、久しぶりに円山のイタリアン ルッチでランチしました。

スモークサンマのサラダとワタリガニのピッツァが美味しかったです♪

サラダがクリスマスカラー。

 

そんな今日はクリスマス・イブですね!

今夜はロシアの大衆料理を作るので、

次回のブログでご紹介しますね(^^)

 

・・・が、実はお正月のおせち料理のほうが気になっている私。(笑)

 

なぜかと言いますと、毎年おせちは手作りで、

ここ数年は、12月中旬から早めにおせちを作って冷凍保存するようになりました。

 

まだおせち料理に慣れない頃、10品くらいを一気に作らねばならず、

頭が真っ白になったことがあったので(^-^;

この方法で計画的に準備するようになりました。

 

この時期は、おせちとクリスマスの食材の買い出しや仕込みなどを同時にすることもあって、

ちょっとだけ忙しかったです。

ちなみに昨日は年末年始に家族で食べるローストビーフを作りました(^^♪

ちょっと奮発した大きな牛もも肉は、「フーズバラエティすぎはら」で購入。

ローストビーフは火加減が難しいので、慎重に。

今回はキャベツなどの野菜と一緒にオーブンで蒸し焼きにしたり、美味しく出来ました(^^♪

 

このほかにも、黒豆と田作り、紅白なますは既に作って冷凍保存済みです!

この方法、達成感と安心感がありますね。(笑)

 

やわらかい黒豆は、一晩調味料につけて、そのまま煮ます。

完成後は冷まして、汁ごと冷凍保存。

家族に好評の黒豆なんです。

 

冷凍おせちは自分のペースで作れますし、

黒豆など味がしみて美味しくなる料理もあり、

毎年、大活躍する保存方法です。

 

このあとは伊達巻き2本と、煮しめ(こちらは大みそかに作ります)

を作れば、おせちがほぼ完成!

時間があれば、栗きんとんも作ろうと思います。

 

もはや自己満足の世界ですが、笑

こちらでもクリスマス料理とおせち料理が完成したらご紹介しますので、

またブログを見に来てくださいね!

 

Lucci

札幌市中央区南2条西25丁目1−2 リーフ裏参道1F

 

フーズバラエティすぎはら

札幌市中央区宮の森1条9丁目3-13

Front

冬の郷土料理を楽しむ料理教室

今日は大通で手芸の素材を探すため、重たい雪のなか歩き周りました~。

ちょっと心が折れそうになりましたが、

こんなことでへこたれてはいけませんね。

 

そんな寒い日の食卓にぴったりな

ほっとする郷土料理をベターホームで習ってきました。

img_0087

『「野菜をおいしく食べる会」~根菜たっぷり郷土料理を囲む~』で、

里芋のくるみみそ、かぼちゃのひっつみ、ゆず大根を作りました。

 

ひっつみは、岩手の郷土料理で、小麦粉をこねて薄く伸ばしたものを手でちぎり、

鍋の中で季節の野菜とともに煮汁で煮込む料理です。

 

そして、「野菜を楽しむ」がテーマの会なので、

今回は「かぼちゃ」を練り込んだひっつみです♪

かぼちゃの黄色が活きて、かわいい!

 

他の野菜だと、じゃがいもやさつまいもでもいいとのことで、

パープルスイートさつまいもで、紫色のひっつみにするのはどうでしょう?!

・・・いつかチャレンジしてみようと思います。笑

 

鍋には他に、大根やにんじん、ごぼうなど冬の根菜もたっぷり入っています♪

img_0091

ゆず大根は、美味しいし、日持ちするのも嬉しいですね。

くるみ味噌は、色んな料理に使えそうです。

 

 

冬至には、かぼちゃを食べる風習がありますね。

今年の冬至は12月21日。

家族の健康を願って、「かぼちゃ」のひっつみをおうちで作ってみようと思います♪

 

ベターホームのお料理教室 札幌教室

札幌市中央区南2条西3-11-5 フェス札幌4階

http://www.betterhome.jp/school/

 

野菜ソムリエ協会札幌支社ブログのベジタブル&フルーツライターの記事も更新中です(^^)

今回は、あたたかい沖縄の魅力的なフルーツについてご紹介しています♪

ぜひ、ご覧くださいね。

https://goo.gl/pXrLUb

旬のビーツで美味しいロシア料理

北海道は秋を通り越して、冬のような寒さです。

そんな寒いこの季節、温かいロシアの家庭料理をおうちで作ってみました♪

 

img_8445

ビーツを使ったロシアの代表的な家庭料理「ボルシチ」です。

そして、すりおろした人参を練り込んだ

クレープやパンケーキに似た料理「ブリヌイ」。

このブリヌイに、りんごとさつまいものカラメル煮と

サーモンとクリームチーズのサラダをのせて食べても美味しかったです!

 

こちらのレシピは「ベターホームのお料理教室」の

「野菜を美味しく食べる会」で習いました。

 

ちなみにブリヌイとボルシチは、

ロシアでは「日本のおにぎりとお鍋のように日常的な家庭料理」なのだそうですよ(^^♪

ロシア在住のステキな友人が教えてくれました。

 

img_8432

ボルシチにかかせない真っ赤なビーツは、

札幌市西18丁目のサラダーマンの甘くて美味しいビーツを使いました☆

img_8545

ビーツには黄ビーツなど様々な色と種類があります。

サラダやあたたかい煮物にオススメです。

 

色々な栄養素が豊富に含まれていて、

「食べる輸血」、「奇跡の野菜」とも言われているビーツ。

 

この旬の時期に、色々な料理に生かして、

楽しい食卓を演出して下さいね♪

 

ベターホームのお料理教室 札幌教室

札幌市中央区南2条西3-11-5 フェス札幌4階

http://www.betterhome.jp/school/

 

オーガニックグロッサリー サラダーマン

中央区南1条西18丁目1-13キャトルセゾン1F

http://www.saladerman.com/

 

秋といえば、さんまでしょ

ふと窓からベランダを見ると、物干し竿にトンボがとまっていた。

秋らしいと思い、撮影しようとベランダに出てスマホを向ける。最近インスタにちょっとこだわるあまり、構図が決まらず。

トンボに気付かれて、スーッと飛んで行ってしまいました( ;∀;)

そんな瞬間に撮影した初秋の円山。

img_7205

秋を感じさせる景色以上に大好きなのが、美味しい旬の食材(^^)

まず食べたかったのがさんまの炊き込みごはん。私の大好物です!しょうがを少し多めに入れて、昆布だしと、酒、みりん、しょうゆ。日本人だなぁって感じますね。

主人も「シンプルなのがいいよね。」と。2合分炊いたのに、2人でほぼ完食してしまいました。

img_7243

骨からもいいだしが出てます。

「今年はさんま、ちょっとお高めなのかな」と少し心配していますが、

旬の食材を頂くことは体にいい、理に適っていると聞くので、

さんま料理をいっぱい楽しみたいと思います☆

831は野菜の日マルシェ

昨日、大イベント終え、ほっとしたのも束の間、暑さのせいもあるのか興奮冷めやらず。張り切りすぎる自分に反省です(^-^;

その大イベントとは、昨日の8月31日、831で野菜の日。私が所属する野菜ソムリエコミュニティ札幌で、チカホに野菜の日マルシェを出店しました。

札幌近郊の野菜ソムリエが、野菜摂取量1日350gの大切さをお伝えしたこのイベント。

IMG_6985

北海道の有機野菜とコミュニティ菜園で収穫した野菜の販売や、野菜摂取量350gにまつわるアンケート、珍しい野菜の展示、350gはかってみやさいなど、お客様も参加できるいいイベントでした。

IMG_6996

私は考案したレシピをカードにして置かせてもらったり、野菜を普段どのように食べているか、お客さまとお話しさせて頂きました。

ジュニア野菜ソムリエとしてはまだ経験の浅い私ですが、野菜と料理を楽しむことは頑張ってお伝えできたと思います。

野菜ソムリエの仲間も皆さん、凛としてステキなかたばかりで、助けてもらいました。お客様への接し方が勉強になりました。

野菜やレシピを持ち帰られるお客様の笑顔が今も目に焼き付いています。また来年も参加したいです♪

野菜ソムリエコミュニティ札幌

http://vfcsapporo.exblog.jp/

桜餅と沼サンドでおうちピクニック

今日は雨の予報だったので、おうちでまったりモード。

image

そんな今朝、なんと主人がコールスローの沼サンドを作ってくれました!食べ応えがあってちょっとスパイシーで美味しかったです!

サンドの中身は、上からバター食パン、チーズ、ベーコン、コールスロー、薄く焼いた卵焼き、マヨネーズ、マスタード、バター食パン。卵焼きのサンドウィッチを食べてみたかったから作ったそうです。す、すごい。

コールスローの中にブラックオリーブとピクルスが入ってます。

食べたいものを組み合わせたり、事前にイラスト入りのレシピを用意したり、主人の見習いたいところがたくさんあります。

image

私は、札幌の桜をイメージして(笑)桜餅を作りました!イメージ通りの桜の葉を巻いたものと、桜の花をのせたもの。きれいに仕上がりました。

image

あんこは小豆から手作りです(^o^)あい菜亭の栗山町産小豆を使いました。

image

生地はピンクの道明寺粉と水、砂糖を混ぜてレンジ蒸ししました。生地をもう少し美味しくできそうなので、またチャレンジしたいです!

image

夕方、北2条西14丁目の裏千家北海道茶道会館へ。

image

見事な桜が満開でした❤️場所的にも風情があって、落ち着いて楽しむことができました。散る前に来ることができてよかったです。

image

雨風で寒かったですが、ゆっくり春を楽しめたよい1日でした♩

裏千家 北海道茶道会館

札幌市中央区北2条西14-1-2

あい菜亭

札幌市中央区南2条西23丁目2-17

旬の野菜を食べること

ジュニア野菜ソムリエになってから、旬を意識するようになりました。以前は季節を問わずレシピにのってる食材をスーパーで探し回っていました。でも、トマトは夏、ほうれん草は冬が旬だということは事実。

旬の野菜は味が濃くて美味しいです。。冬でもサラダが食べたい時は、普段のレタスの量を少し減らして、冬が旬で寒さに強い水菜にします。シャキシャキ。ほうれん草は、意識して何品種か何軒かの八百屋で買って食べてみました。味が濃く、えぐみが少なくて感動しました。

キャベツ、白菜、水菜、だいこんなどのアブラナ科の野菜は基本冬が旬です。当然ぐっと流通が増えしますし、美味しいです。そうは言っても彩りでトマトやきゅうりを入れたいことがありますし、時々使います。絶対!と決めず、旬以外の野菜を減らして旬をプラスするところから始めれたらいいと思っています。

ジュニアの講座で教わったのですが、現代の「食文化」は生産者と生活者(消費者を含むすべての人々)の間で情報が流れにくくなくなったと言われています。

理由としては、青果物が生産者から生活者(消費者)に届くまでに複雑な流通が存在します。(生産者→JA→卸→中卸→スーパーや八百屋→消費者) 様々な種類の野菜を中央卸売市場に集められるようになり、スーパーなどに効率よく分配する目的は果たしています。しかし効率を重視したため、マーケティングの思想はなくなります。例えば、生産量は少ないけど生産者の思いが詰まったとっても美味しい旬野菜!

他にも家庭内伝承の衰退や、対面販売がセルフ販売に変化したことも理由に挙げられます。

野菜について正確な知識と魅力を伝え、生産者と生活者の距離を縮めるのが野菜ソムリエの役割です。

IMG_1755

 

引き続き、春夏秋冬を楽しみながら旬の野菜を学び、生活者に伝えられるような野菜ソムリエになりたいです♪

もうすぐバレンタイン! ごぼうのフロランタン

もうすぐバレンタインですね。

野菜入りのスイーツが作りたいと思い、今年はごぼうのフロランタンを作りました。

ベターホームやテレビ朝日「うるおい食堂」のレシピを参考に作ってみました。キッチンに貼ってる今月のカレンダーの写真もごぼうフロランタン笑 流行ってるかも!?

☆生地 

バター 50g、砂糖 40g、 とき卵 1/2個分、薄力粉 120g

インスタントコーヒー 大さじ1、  大さじ1/2

☆キャラメル

バター 40g、砂糖 40g、はちみつ 大さじ2、生クリーム 大さじ2

インスタントコーヒー 小さじ1、 小さじ1

ごぼう 40g、スライスアーモンド 40g

IMG_1715IMG_1716

ささがきしたごぼうをフライパンで炒めます。ごぼうが乾燥してきたら、アーモンドを加えます。アーモンドは崩れたり焦げたりしないように気を付けます。

IMG_1717

生地に使うバターと卵は室温に戻しましょう!冷たいと分離します。バターを泡だて器で練ります。砂糖を何回かに分けて加え、白っぽくなるまですり混ぜます。溶き卵を3回に分けて加え、そのつど混ぜながらなめらかな生地にします。

IMG_1718

湯でといたインスタントコーヒーを加え、ムラなく混ぜます。ゴムべらにかえ、薄力粉を加えて、底からすくいあげるようにして、粉気がなくなるまで混ぜます。

IMG_1719

生地を厚手のポリ袋に入れ、めん棒で18×18cmにのばして、冷蔵庫で30分寝かせます。オーブンを180℃に予熱します。

IMG_1723

ビニールを切り開いて生地を取り出します。18.5×18.5cm型がある人は型に敷き詰め、型がない人はそのままクッキングペーパーにのせます。私はクッキングペーパーにのせました。フォークで穴をあけます。ピケします。膨らみすぎや焼きムラを防ぐために生地に細かい穴を開けることです。

IMG_1725

180℃のオーブンで15分焼き、冷まします。

キャラメルは、生地が焼けてから作業しましょう。理由はキャラメルがすぐ固まってしまうからです。

IMG_1730

鍋にバター、砂糖、はちみつ、生クリームを入れ中火にかけます。沸騰したら火を弱め、薄い茶色になるまで煮詰めます。お湯でといたコーヒーを入れて混ぜます。はねますので気を付けましょう。ごぼうとスライスアーモンドを入れ、やさしく混ぜ、全体にからめて火を止めます。

IMG_1737

キャラメルが熱いうちに生地の上に流しいれ、平らにならします。180℃のオーブンで、約20分焼きます。

IMG_1738

手で触れられるくらいになったら好みの大きさに切り、網の上で冷まして出来上がりです!

IMG_1744

行程は多いですが、焦らず段取りと注意点を守って作ると出来ます♪ごぼうの旨味がちゃんと出ていて、ほろ苦い味でとても美味しかったです!野菜入りスイーツ、また作ってみますね♪